大阪くらしの今昔館で歴史の学習

お盆休み前の8月10日に、大阪くらしの今昔館に行ってきました。
ついさっきまで、見慣れた天六の街並みにいたはずなのに・・・なんだかタイムスリップしたみたい!

 

ガイド役をしてくれる生徒や、自分で作った「こんじゃくノート」に熱心に書き込む生徒。

 

江戸時代の大阪を散策する子供たちを、いつまでも見ていたいような気持ちになりました🌸

 

 

きずな学園では、できるだけ「五感」に触れられる学びを大切にしています。
見て、聞いて、感じる学びは、子ども達の頭や心にもしっかりと届くようで、
「鉛筆とノートばかりの勉強より楽しい」と言ってくれます。
もちろん、楽しいことばかりが学習ではありませんが、
楽しいところから興味や取り組みのきっかけを見つけてくれればと思っています。

学園の生徒の1人は、ある「キャラクター」が大好きなのですが、
ある日、自分で、キャラクターが生まれたときからこれまでの画像を調べてノートを作ってきました。
その後もキャラクターごとに変遷を調べるようになりました。
「〇〇年はこんな写真。今と全然違う・・・ だんだん変わっていってる。」
良い笑顔で説明してくれます。決して学習が好きな子ではありません。。。(汗)
でも、興味のあることに対する熱心さと広報力はずば抜けています。
そこで、彼にキャラクター年表を作ってみることを提案しました。
狙いは、キャラクターの歴史年表から日本、世界の歴史をつけ足していくことです。立派な歴史の学習です。
最初は「えー、無理~」と言っていましたが、まんざらでもない感じ。
単発作業だけではなく、じっくりと取り組むことも大切。
学園ソングお披露目の時の、成果発表に取り入れられれば・・・
なんて願望を抱いているわけですが(笑)、職員側の願望だけではなく、
生徒自身が興味を広げることと創り上げることの達成感を感じられるよう、
サポートしていきたいと思います。

 

興味のあるところから、学びを広げていく。きずな学園はそんな学園です。
好きなことを見つけたい!得意なことを伸ばしたい!
そんなお友達、是非きずな学園にお越しください。一緒に楽しく学んでいきましょう。

 

written by Tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です