構想から学園の名物へ。おもてなしプロジェクトVol.11 ロールケーキ

きずな学園おもてなしプロジェクト。今やすっかり、きずな学園の名物になりつつありますが・・・

まだ学園の工事も完了していない、生徒もいないときから、色々と考えて構想を練っていました。
教科書からだけではなく、体験を通して、学び、感じ、何かを得てほしい。考える機会をたくさんもってほしい。思いを形にすることを知ってほしい。自分の考えを発言できる人材を育てたい。そのためには、どんな方法で学びの場を提供していくのか良いのか・・・

そこでたどり着いたのが、きずな学園プロジェクト
自分たちで考え、行動し、アイデアを形にすることを身に付けます。

その中の1つに、「おもてなしプロジェクト」があります。
このプロジェクトは、相手のことを考えるということがテーマです。
始まった当初は、自分たちが楽しむことだけを考えていた学園生たちも、成功と失敗を繰り返し、おもてなしって相手がいないとできないんだ!相手を考えておもてなしするんだ!ということを学んでいます。

何事も本番はあっという間ですよね。音楽で言うと、1曲数分の演奏を何カ月もかけて練習します。おもてなしも、ぶっつけ本番というわけにはいきません。本番でいいものを作るために、いい空間を提供するために、ミーティングで話し合いを行い、準備をします。もちろんお買い物も自分たちで行います。試作をして、手順や味の確認もします。最近は、出し物を考えたり、部屋のデコレーションを都度変えたり、工夫がレベルアップしています。全ては、楽しんでいただくために。

8月31日(金)は、おもてなしプロジェクトVol.11 ロールケーキの登場でした。今回のポイントは、オーブン無しでいかに生地をふっくらさせるか?!それは卵を黄身と白身に分け、タップリ泡立てる事!朝からみんな、混ぜて混ぜて、混ぜまくる!!
ラップでくるくる綺麗に巻いて、きずなロールの出来上がり。  

ゲームで対決したり、みんなでダンスを踊ったり、今回も楽しいひとときを過ごせました。

  

学園生が以前、「 みんな温かい気持ちで来てくれる」とアンケートに書きました。
温かいその気持ち、次回のおもてなしでまたお返ししようね。

  

 

 


きずな学園は、いつでも入園可能です。一番大切なのは、お子様の心のコンディション。ご興味をお持ちの方は、是非一度お越しください。学園について説明させていただくと共に、適した居場所、学び方、楽しみ方など一緒に見つけていけたらと思います。

また、代々木高等学校きずなキャンパス生も募集中です。入学にあたっては、面接のみ。過去の出席日数やテストの結果だけで、未来ある子どもたちを判断しませんので、進路の選択肢の1つにご検討ください。取得済み単位を保持して、転校も可能です。

お気軽にお問合せください。


written by Tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です