台風が近くに来たときに気をつけること

早いもので9月ももう終わりですね。すっかり涼しくなりました。
過ごしやすい季節のため、色々な行事やお出かけを予定されている方も多いと思いますが、また台風がきていますね。
つい先日も、台風によって、大阪は大きな被害を受けました。自分の身を守る行動をしっかりと心得ておきたいものですね。

こちらは、現在きずな学園に掲示しているものですが、先日の台風の後、学園生が作成してくれました。

●台風が近くに来たときに気をつけること●
1.風
2.雨
3.台風が来る前の準備

1.風
台風がくると、風が強くなります。前回の台風では、木々が倒れ、信号機が曲がり、看板やその他いろいろな物が飛んで、窓ガラスが割れるというようなことがありました。風が強い時は、お外に出ないようにしましょう。また、事前に屋内に入れられるものは入れておきましょう。

2.雨
雨がたくさん降ると、川の水が増えることがあります。川の近くに行ってはいけません。また、普通の道が川のようになることもあります。転んで流されたり、蓋の外れたマンホールに落ちてしまっては大変危険です。無理矢理歩くよりも、2階以上の高いところに避難しましょう。

 

3.台風が来る前の準備
台風の時は、電気や水道が止まることがあります。常温で保存できる食べ物やお水などを準備しておきましょう。また、電池で動くラジオや懐中電灯の用意、スマートフォンの十分な充電をしておきましょう。交通機関が止まることもありますので、テレビやインターネットで調べましょう。

被害が大きくならないことを祈るばかりですが、自分で準備できることはしっかりやって身を守る行動を身に付けましょう。

 

 


きずな学園は、いつでも入園可能です。一番大切なのは、お子様の心のコンディション。ご興味をお持ちの方は、是非一度お越しください。学園について説明させていただくと共に、適した居場所、学び方、楽しみ方など一緒に見つけていけたらと思います。

また、代々木高等学校きずなキャンパス生も募集中です。入学にあたっては、面接のみ。過去の出席日数やテストの結果だけで、未来ある子どもたちを判断しませんので、進路の選択肢の1つにご検討ください。取得済み単位を保持して、転校も可能です。

お気軽にお問合せください。


written by Tomoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です