きずな学園の想い

好きなことをしているときの子どもの瞳。
好きなことを話しているときの子どものテンション。
好きなことを考えているときの子供の表情。
キラキラしていますよね。

好きなことを目の前にした子ども達の瞳は本物です。
その輝きを、大人や社会の都合で失わせてはいけません。
私たちは、子どもたちの瞳から輝きを奪わないように、
また、子どもたちの瞳に輝きを灯せるように、
一人ひとりと向き合います。

きずな学園では「みんなと同じ」である必要はありません。
過ごし方は人それぞれ異なります。
一人ひとりの個性や特性に合わせて、
自分のペース・スタイルで学び、楽しむことが可能です。
子ども達の主体性を大切にしたうえで、
居心地の良い過ごし方、学び方を一緒に見つけていけたらと思います。

大人になることを楽しみと感じられる環境、
生きていくって悪くないなと思える環境、
そんな環境を作っていくことがきずな学園の役割だと思っています。

私たちは、一人ひとりを『認めるところ』からスタートします。
そこから広がる世界は、きっときっと壮大です。
「自信」という武器を持って、たくましく生きていけるよう、
未来の大人たちをサポートしていきます。

きずな学園でお待ちしています。

フリースクールきずな学園

学園長 高嶋 友子